歯垢除去ガイド - 正しい取り方で歯石予防に!TOP > 基礎知識 > 原因となる細菌について

原因となる細菌について

 

口の中にはたくさんの細菌が住んでいます。

 

それが普通の状態なので、別に害のある細菌ばかりというわけではありません。

しかし、その細菌が一箇所に集まってしまうことで、口内の衛生状態が悪化してしまうことになります。

 

歯に付着した細菌の塊を歯垢(プラーク)と呼びますが、これが歯周病や虫歯の原因になるので、歯垢を除去することがデンタルケアでは大切になってきます。

 

と言っても、はじめから口の中に細菌が住んでいるのなら、防ぎようがないのでは?と考える人がいるかもしれませんね。

 

もちろん、歯垢ができる原因となる細菌を全部口内から追い出して、無菌室のように清潔にするというのは無理な話です。

 

ですが、細菌が一箇所に集まる原因を作らないようにすることは、毎日のデンタルケアで十分に可能ですね。

 

それは、単純に食べカスなどの磨き残しがないように心がけるという、実にあたり前のことになります。

 

ただし、このあたり前のことを怠ったり気を抜いてしまうと、食べカスを栄養分としてそこに口内の細菌が集まってしまい、歯垢となって付着してしまいますよ。

 

よって、歯垢の原因を取り除く注意点としては、口内を清潔にするというのは当然として、細菌を除去するのではなく、食べカスを残さないように歯を磨くことが重要になってきますね。

 

そのためには、食後のデンタルケアが欠かせないし、うがい薬などで済ませるのではなく、きちんとブラッシングをするようにした方がいいという事になりますね。

 

基礎知識記事一覧

原因となる細菌について

口の中にはたくさんの細菌が住んでいます。それが普通の状態なので、別に害のある細菌ばかりというわけではありません。しかし、その細菌が一箇所に集まってしまうことで、口内...

臭いとの関係

普段の生活の中で人と接する機会が多い人にとっては、口臭などの自分から出る臭いは気になってしまいますよね。特に話している時に自分の口の臭いが気になると、相手にも気を遣うし、メ...

歯周病の原因に?

歯周病にはいくつかの原因が考えられます。例えば、喫煙者などは歯周病になりやすいと言われているので、タバコが原因の1つと考えていいでしょう。それには、体内の血流が悪く...

歯石との違い

歯周病の原因とされている菌の塊が歯垢だと理解されていますが、それが硬く変質することで歯石になってしまいます。ですが、その違いがどこにあるのか気になりますよね。その違...