歯垢除去ガイド - 正しい取り方で歯石予防に!TOP > 基礎知識 > 歯周病の原因に?

歯周病の原因に?

 

歯周病にはいくつかの原因が考えられます。

 

例えば、喫煙者などは歯周病になりやすいと言われているので、タバコが原因の1つと考えていいでしょう。

それには、体内の血流が悪くなって抵抗力が落ちることが要因です。

 

また、歯並びが悪いことも歯周病になりやすい要因だと言われていますが、その根本的な問題は歯垢(プラーク)が付きやすいことにありますね。

 

要するに、歯並びが悪いと歯磨きをしても食べカスが残りやすく、そこから歯垢が付着しやすいという事に繋がります。

 

それを考えると、やはり歯周病の原因の中でも、歯垢が元になって起こることが多いと考えていいでしょう。

 

よくプラークコントロールという言葉を耳にすることがあると思いますが、これは要するに、歯周病になるのを防ごうということなんですが、この考え方は「歯垢が付かないようにすること」にあります。

 

まずは、規則正しい食事がベースとなり、繊維質などをよく噛んで食べることで、歯磨き効果が得られると考えられています。

 

もちろんそれだけでなく、食後のケアも大切になりますよ。

 

食事の間隔がずれたり間食をしたりすると、プラークコントロールも上手くいかなくなってしまいますからね。

 

また、定期的に歯科医の診察を受けることも重要になります。

 

自分では磨き落とせない歯石などを除去してもらうようにしましょう。

 

歯石は、歯垢が硬く変質したものなので、プラークコントロールができていれば付きにくいものですが、それでも自分では磨き残しが出てしまう箇所があると付着してしまうものですからね。

 

基礎知識記事一覧

原因となる細菌について

口の中にはたくさんの細菌が住んでいます。それが普通の状態なので、別に害のある細菌ばかりというわけではありません。しかし、その細菌が一箇所に集まってしまうことで、口内...

臭いとの関係

普段の生活の中で人と接する機会が多い人にとっては、口臭などの自分から出る臭いは気になってしまいますよね。特に話している時に自分の口の臭いが気になると、相手にも気を遣うし、メ...

歯周病の原因に?

歯周病にはいくつかの原因が考えられます。例えば、喫煙者などは歯周病になりやすいと言われているので、タバコが原因の1つと考えていいでしょう。それには、体内の血流が悪く...

歯石との違い

歯周病の原因とされている菌の塊が歯垢だと理解されていますが、それが硬く変質することで歯石になってしまいます。ですが、その違いがどこにあるのか気になりますよね。その違...