歯垢除去ガイド - 正しい取り方で歯石予防に!TOP > 基礎知識 > 歯石との違い

歯石との違い

 

歯周病の原因とされている菌の塊が歯垢だと理解されていますが、それが硬く変質することで歯石になってしまいます。

 

ですが、その違いがどこにあるのか気になりますよね。

その違いは何かと言うと、歯垢はしっかりと歯磨きをすれば取り除くことができるものですが、歯石になってしまうとなかなかブラッシングだけでは取ることができなくなってしまうものです。

 

その生成過程を見ていくと、まず歯の隙間などに食べカスが残ってしまうことが原因で、その周囲に口内の細菌が集まります。

 

そして、それが塊となって付着します。

 

この段階でも、丁寧にブラッシングをすれば除去できるので大きな問題にはなりませんが、そのまま放置してしまうと2〜3日で硬くなって歯石に変化していきます。

 

そうなってしまうと、普通の歯磨きだけでは取り除くことが困難になってしまいますね。

 

硬く変質した表面はでこぼこしていて、歯垢が溜まりやすくなってしまうからです。

 

その結果、歯石がさらに歯垢を溜めて、それがまた硬くなっていくというようにどんどんと増えていってしまいます。

 

そうなると、細菌がたくさん集中する場所になってしまい、周囲の歯肉などにも影響が出てくるようになります。

 

それらは、歯肉炎や歯周病になってしまう他、最終的には骨まで侵食して、歯が抜け落ちてしまうといったことも十分に考えられます。

 

なので、歯石になる前の段階で、キレイに歯垢を取り除いておくようなデンタルケアを毎日心がけていく必要があるというわけですね。

 

もし歯垢が硬く変質して付着してしまっていたら、歯科医の診療を受けるようにしましょう。

 

基礎知識記事一覧

原因となる細菌について

口の中にはたくさんの細菌が住んでいます。それが普通の状態なので、別に害のある細菌ばかりというわけではありません。しかし、その細菌が一箇所に集まってしまうことで、口内...

臭いとの関係

普段の生活の中で人と接する機会が多い人にとっては、口臭などの自分から出る臭いは気になってしまいますよね。特に話している時に自分の口の臭いが気になると、相手にも気を遣うし、メ...

歯周病の原因に?

歯周病にはいくつかの原因が考えられます。例えば、喫煙者などは歯周病になりやすいと言われているので、タバコが原因の1つと考えていいでしょう。それには、体内の血流が悪く...

歯石との違い

歯周病の原因とされている菌の塊が歯垢だと理解されていますが、それが硬く変質することで歯石になってしまいます。ですが、その違いがどこにあるのか気になりますよね。その違...