歯垢除去ガイド - 正しい取り方で歯石予防に!TOP > 除去の仕方@ > 除去する方法とは?@

除去する方法とは?@

 

歯垢を除去する為には、自分で毎日のケアを怠らないようにする事と、歯科医の診察を受けるという2つのやり方があります。

 

まずは、日々の予防についてはプラークコントロールなどとも呼ばれていて、最近は注目を集めていますね。

その基本は歯磨きになりますが、ここで注意したいのが食べカスを残さないという事です。

 

横着をしてうがい用の洗浄液などで済ませてしまうと、歯の隙間などに食べカスが残ってしまいますよ。

 

必ずブラッシングを欠かさないようにしましょう。

 

歯間などは糸などを使ってキレイにするのも大切なことですね。

 

そして、ここで活躍するのが歯垢染色剤です。

 

自分ではどれだけしっかりブラッシングをしたと思っていても、どうしても磨きにくい場所などには歯垢が残ってしまう事があります。

 

また、磨き方に癖があったりする場合なども同様です。

 

なので、染色剤でプラークを染めることで、歯磨きの後に自分でどれだけ磨けているかをチェックする必要がありますね。

 

そこで磨き残しがあれば、もう一度ブラッシングをしてキレイに落とせば大丈夫です。

 

それから、食生活の中でも繊維質のものなどをよく噛んで食べることで、ブラッシングと同じような効果が期待できますよ。

 

しっかりと噛んで食べることも、プラークコントロールの一環なんです。

 

そして、歯石になってしまった部分があるのなら、早めに歯科医に相談してスケーリングをしてもらうようにしましょう。

 

そうしないと、歯石にさらに歯垢が付着して歯周病のリスクが高まってしまいますよ。

 

除去の仕方@記事一覧

除去する方法とは?@

歯垢を除去する為には、自分で毎日のケアを怠らないようにする事と、歯科医の診察を受けるという2つのやり方があります。まずは、日々の予防についてはプラークコントロールなどとも呼...

除去する方法とは?A

食べ物の残りカスが歯に付着していると、そこから細菌が繁殖して歯垢(プラーク)となってしまいます。それを取り除くためには、効果的なブラッシングが必要ですね。うがい用の...

赤ちゃんの場合

赤ちゃんも大人と同じように、歯磨きをしていないと歯垢が溜まって歯周病や虫歯になってしまいます。歯が生え始めてきたら、柔らかいもので歯を拭ってあげる人もいるようですが、できれ...