歯垢除去ガイド - 正しい取り方で歯石予防に!TOP > 除去の仕方@ > 赤ちゃんの場合

赤ちゃんの場合

 

赤ちゃんも大人と同じように、歯磨きをしていないと歯垢が溜まって歯周病や虫歯になってしまいます。

 

歯が生え始めてきたら、柔らかいもので歯を拭ってあげる人もいるようですが、できればブラッシングをしてあげる方がいいですね。

赤ちゃんの場合は、甘いものが好きだったりすることで細菌が繁殖しやすいこともあり、離乳期などでは歯垢が溜まりやすくなってしまう事があります。

 

そこで、赤ちゃん本人に歯磨きをさせるのは難しいので、お父さんお母さんが代わりにブラッシングをしてあげる必要が出てきます。

 

ただし、ここで注意してあげたいのが、口に物を入れられるのを嫌がるということです。

 

嫌がっているうちに無理にブラシを口に入れようとすると、歯磨き自体が嫌いになってしまうこともあります。

 

そうなってしまうと、歯垢を取り除く以前の問題になってしまうので、まずは赤ちゃんがブラシに慣れるようにしなくてはいけませんよ。

 

嫌がる原因として考えられるのが、歯や歯茎などが敏感なので、異物に対して痛みを感じやすいことが考えられます。

 

なので、歯が生える前から指などで歯茎に触れておき、刺激を与えておくことでブラシの感触にも慣れやすくなると考えられていますね。

 

また、離乳食が始まると、とにかく何でも口の中に入れてみたくなるものです。

 

それを利用して、歯ブラシの感触に慣れてもらうのも一つの方法ですね。

 

慣れるまでは時間がかかるので、やはり綿棒や脱脂綿などでこまめに歯を拭いてあげることが、歯垢を溜めないようにするためには必要になってきますよ。

 

除去の仕方@記事一覧

除去する方法とは?@

歯垢を除去する為には、自分で毎日のケアを怠らないようにする事と、歯科医の診察を受けるという2つのやり方があります。まずは、日々の予防についてはプラークコントロールなどとも呼...

除去する方法とは?A

食べ物の残りカスが歯に付着していると、そこから細菌が繁殖して歯垢(プラーク)となってしまいます。それを取り除くためには、効果的なブラッシングが必要ですね。うがい用の...

赤ちゃんの場合

赤ちゃんも大人と同じように、歯磨きをしていないと歯垢が溜まって歯周病や虫歯になってしまいます。歯が生え始めてきたら、柔らかいもので歯を拭ってあげる人もいるようですが、できれ...