歯垢除去ガイド - 正しい取り方で歯石予防に!TOP > 除去の仕方A > 歯医者での除去料金について

歯医者での除去料金について

 

歯に付着して溜まってしまった歯垢を取り除くとき、自分でできる範囲ならいいですが、そうでなければ歯医者に頼むことになりますね。

 

ですが、まずはその前に、自分自身で染色剤などを使ってどれだけ磨けているか確かめてみるのもいいでしょう。

それで、どうしても取り除けないということであれば、歯科医に頼んで専門的なケアをしてもらうようにするのがお勧めです。

 

その時にかかる料金については、大きく分けて2種類の方法があるので、それによっても料金が変わってきます。

 

表面についた汚れを取るだけのものはステイン除去などとも呼ばれていますが、こちらはだいたい5000円前後が相場のようです。

 

この場合は、専用の器具などを使って歯垢を掃除してくれるので、タバコを吸っていて歯が汚れている人などにもお勧めになります。

 

一方、歯垢が固まってこびりついてしまっている人は、歯石除去の治療を受ける必要がありますね。

 

こちらの治療は、歯周病などを伴っているケースもあるので、値段や治療の回数に個人差があります。

 

前述のステイン除去と一緒に済むような治療なら8000円前後で済む場合もあるし、歯周病の治療などを伴う場合では、数万円かかってしまう場合があります。

 

ちなみに、気になる保険の適用については、基本的には保険適用外になります。

 

ただし、歯周病の治療として必要だという理由がつく場合には保険が適用されるので、3割負担で済むこともあります。

 

医院によっては、ただの歯石除去でも歯周病治療にしてくれるところもあるようなので、その場合は歯科医師に相談してみてはいかがでしょうか。

 

除去の仕方A記事一覧

歯医者での除去料金について

歯に付着して溜まってしまった歯垢を取り除くとき、自分でできる範囲ならいいですが、そうでなければ歯医者に頼むことになりますね。ですが、まずはその前に、自分自身で染色剤などを使...

除去する器具について

歯垢を取り除いてくれる器具として最も身近なものは、歯ブラシではないでしょうか。しかし、それでも取り除けないものを歯医者で専門的に分解してもらうのであれば、スケーリングという...

プラーク分解作用とは?

歯垢分解酵素というものが存在するんですが、ご存知ですか?その働きは、歯に付着した汚れを取り除くことで、歯磨き粉などにも含まれています。酸素系漂白剤や、アニオン系界面...