歯垢除去ガイド - 正しい取り方で歯石予防に!TOP > ケア方法とは? > おすすめケア方法について

おすすめケア方法について

 

歯垢を溜めたまま放置することは、歯周病や虫歯の原因となってしまいます。

 

そこで、普段の生活の中でも効果的な予防ケアを行っていく必要がありますね。

それは、プラークコントロールなどとも呼ばれていますが、歯周病のリスクを少なくすることが最大の目的となっているものです。

 

そのためには、正しいデンタルケアが一番身近で効果のあるものだと言えるでしょう。

 

それにはまず、歯の健康状態を自分自身でチェックしてみましょう。

 

歯茎の色や噛んだ時に違和感がないか、すぐに出血したりしないかなどを確認します。

 

その段階であまりに状態が悪い場合は、早く歯医者に行った方がいいですね。

 

そうでなければ、毎日のブラッシングによって予防していくことになります。

 

このとき、重点的に磨きたいのが歯と歯肉の間の部分です。

 

ここには歯垢が溜まりやすいので、45度の角度で歯ブラシをあてて横に引くようにしてブラッシングをしていきます。

 

あまり硬すぎるブラシを使うと歯茎を傷つけてしまうので、硬さは普通の物がお勧めです。

 

電動歯ブラシを活用するのもいいですね。

 

携帯用の小型のもので、歯間専用の電動歯ブラシが細かいところもブラッシングできるものが人気が高いようです。

 

そして、歯磨き粉選びも重要になります。

 

歯垢の分解を目的とするなら、デキストラナーゼという酵素が配合されているものがお勧めです。

 

それ以外でも、うがい用の洗浄液を併用したり、キシリトールなどが配合されたガムなどを噛む習慣をつけておくのも良いかもしれませんね。

 

ケア方法とは?記事一覧

歯磨きの仕方について

歯に付着してしまった歯垢は、歯磨きによって毎回除去していくようにしましょう。そうしないと、すぐに歯石となって固まってしまい、自分では取り除くことができなくなってしまいますよ...

おすすめケア方法について

歯垢を溜めたまま放置することは、歯周病や虫歯の原因となってしまいます。そこで、普段の生活の中でも効果的な予防ケアを行っていく必要がありますね。それは、プラークコント...

口臭予防について

口臭を予防するためには、歯周病にならないように歯垢を作らないプラークコントロールが必要になります。歯垢が溜まったままの状態を放置すると、そこから細菌が繁殖して歯周病になって...

予防法について

歯垢ができるのを1番効果的に抑える方法は、普段の生活の中でプラークコントロールを心がけるのに加えて、定期的に歯医者の治療を受けることです。その治療で人気が高いのが、PMTC...