歯垢除去ガイド - 正しい取り方で歯石予防に!TOP > ケア方法とは? > 口臭予防について

口臭予防について

 

口臭を予防するためには、歯周病にならないように歯垢を作らないプラークコントロールが必要になります。

 

歯垢が溜まったままの状態を放置すると、そこから細菌が繁殖して歯周病になってしまいます。

そうなると、患部から不快な臭いが発生して、それが口臭の原因となってしまうわけです。

 

なので、まずはプラークコントロールをしておくことが口臭予防にも繋がりますね。

 

口の臭いを消すために、スプレーなどでごまかしている人や、うがい用の洗浄液を活用している人もいると思いますが、それだけでは予防対策とは呼べませんよ。

 

ブラッシングをして磨き残しがないようにしなければ効果はありません。

 

食べカスが歯の隙間などに残ってしまうと、そこを中心に細菌が繁殖してしまうので、歯の隙間、そして歯と歯肉の間の歯周ポケットなどを重点的に磨くように心がけましょう。

 

そして、食後には必ず歯磨きをするようにします。

 

間隔が空くと、その分だけ細菌の繁殖する時間が増えてしまいます。

 

それを考えるなら、食事の時間もあまり不規則にならないような生活習慣にしていかなければいけませんね。

 

プラークコントロールは、ただ単に歯磨きをしようということではなく、生活全般の中で歯垢(プラーク)の量をコントロールするということなので、普段の食事や生活習慣についても見直していく必要がありますよ。

 

タバコや間食といったものも、当然控えたほうが良いと言えますね。

 

ケア方法とは?記事一覧

歯磨きの仕方について

歯に付着してしまった歯垢は、歯磨きによって毎回除去していくようにしましょう。そうしないと、すぐに歯石となって固まってしまい、自分では取り除くことができなくなってしまいますよ...

おすすめケア方法について

歯垢を溜めたまま放置することは、歯周病や虫歯の原因となってしまいます。そこで、普段の生活の中でも効果的な予防ケアを行っていく必要がありますね。それは、プラークコント...

口臭予防について

口臭を予防するためには、歯周病にならないように歯垢を作らないプラークコントロールが必要になります。歯垢が溜まったままの状態を放置すると、そこから細菌が繁殖して歯周病になって...

予防法について

歯垢ができるのを1番効果的に抑える方法は、普段の生活の中でプラークコントロールを心がけるのに加えて、定期的に歯医者の治療を受けることです。その治療で人気が高いのが、PMTC...