歯垢除去ガイド - 正しい取り方で歯石予防に!TOP > ケア方法とは? > 予防法について

予防法について

 

歯垢ができるのを1番効果的に抑える方法は、普段の生活の中でプラークコントロールを心がけるのに加えて、定期的に歯医者の治療を受けることです。

 

その治療で人気が高いのが、PMTCと呼ばれている方法です。

これは、「Professional Mechanical Teeth Cleaning」の頭文字をとったもので、自分でやるブラッシングでは取れない歯の汚れや歯石、あるいはタバコを吸うことで付着したヤニを除去できるものです。

 

これを3ヶ月程度に1回受けることで、効果的に虫歯や歯周病が予防できるとされています。

 

その内容は、歯石の除去から始まって、研磨ペーストを歯の表面や隙間などに塗ってブラッシングを行い、徹底的に歯垢を落としていきます。

 

特に歯周ポケットなど、自分ではなかなか上手く磨けないところまでキレイにしてもらえるので良いですよ。

 

そして、消毒作用のある洗浄液でうがいをして洗い流します。

 

PMTCでは、さらにそこから歯にフッ化物を塗布して終了になります。

 

フッ化物を塗ることで、虫歯と歯周病予防の効果があがるというわけですね。

 

その後さらに歯の再石灰化力を高め、歯垢などの汚れがつきにくくなります。

 

ちなみに費用は保険対象外ですが、だいたい4000円前後で受けられることが多いことと、医療費控除の対象となることを考えると、そんなに高価な治療ではないはずです。

 

そして、このPMTCを受けた後には、一度徹底的にキレイにしてもうことで、それまで以上にプラークコントロールに対する意識が高まるといった効果も考えられます。

 

あなたもぜひ一度、予防のためにPMTCを受けてみてはいかがでしょうか。

 

ケア方法とは?記事一覧

歯磨きの仕方について

歯に付着してしまった歯垢は、歯磨きによって毎回除去していくようにしましょう。そうしないと、すぐに歯石となって固まってしまい、自分では取り除くことができなくなってしまいますよ...

おすすめケア方法について

歯垢を溜めたまま放置することは、歯周病や虫歯の原因となってしまいます。そこで、普段の生活の中でも効果的な予防ケアを行っていく必要がありますね。それは、プラークコント...

口臭予防について

口臭を予防するためには、歯周病にならないように歯垢を作らないプラークコントロールが必要になります。歯垢が溜まったままの状態を放置すると、そこから細菌が繁殖して歯周病になって...

予防法について

歯垢ができるのを1番効果的に抑える方法は、普段の生活の中でプラークコントロールを心がけるのに加えて、定期的に歯医者の治療を受けることです。その治療で人気が高いのが、PMTC...