歯垢のことを、食べカスなどの磨き残しと勘違いしている人も多いかもしれません。けれども歯垢は、厳密に言うと食べ物の残りカスなどではなくて、細菌の塊のことなのです。人間の口内にはもともと細菌が住んでいますが、その全てが悪い菌ではありません。しかし、それが食べカスを栄養素に増殖して歯などに付着して溜まっていくと、歯垢になってしまうのです。そして歯周病や虫歯の原因となってしまうというわけです。

ですから、歯垢を溜めないように歯磨きをすることが、口の中を清潔に保つために必要になります。それが歯垢だと考えていいでしょう。テレビのコマーシャルなどで、歯周病菌という言葉を聞いたことがある人も多いはずですが、この歯周病菌が集まったものが、歯垢のことなのです。

関連ページ