AGAは予知できる?薄毛の遺伝子検査とは?

AGA治療ではプロペシアという内服薬やミノキシジルが配合された塗り薬があります。

医薬品であるプロペシアは医師の診察を受けて処方箋を発行してもらわなければ買う事ができません。

ミノキシジル配合の育毛剤は医師の診察は不要なので医師の診断が無くても買う事ができます。

プロペシアと同様にミノキシジルにも飲み薬がありますが国内では塗り薬だけがAGA治療薬として認可されています。

ミノキシジル内服薬は個人輸入が可能ですが健康被害に遭っても自己責任なのでお勧めすることはできません。

AGA治療薬として知られているプロペシアは処方箋がなければ買う事が出来ないので通院する必要があります。

医薬品なので調剤薬局でなければ手に入らず保険がきかないので価格が高いことがデメリットでした。

最近ではプロペシアでもジェネリックが販売されるようになりAGA治療開始当初の半額以下で入手することが可能になりました。

ジェネリック医薬品は日本よりもアメリカなどで広く普及しており先発医薬品と同じ有効成分を使いますが味や形状を変えることもあります。

先発医薬品で厳しい基準をクリアしていますから短期間で開発できコストが抑えられるので安価で提供できるのです。

AGAは遺伝が影響して発症するので個人の体質が大きな要因となるのは間違いありません。

AGA治療というのは対症療法にすぎませんので根本的に完治はありません。

ですから、AGA治療を止めてしまうと再び脱毛や薄毛が進行していくことになります。

とはいえ、AGA治療薬も医薬品のため副作用の可能性は否定できませんのでずっと使い続けるのも心配がありますし治療費もかさみます。

ですので、ある程度の所まで改善したらAGA治療を途中でやめるのも良い方法だと思います。

AGAは男性ホルモンにより発症しますが生活習慣や食生活にも大きく影響されます。

人間の身体は血液の循環によって酸素や栄養が運ばれますから健康な体を保つためには血流を良くすることが大切なのです。

髪の毛に欠かせない栄養素も血流によって運ばれますからAGA治療をしている人は血流を良くするよう心がけなければいけません。

ストレスや冷え、運動不足などは血管を収縮させるので薄毛治療には大敵ですが喫煙によるニコチンの摂取は血管を収縮させてしまうため薄毛治療の妨げとなってしまいます。

頭皮がうっ血してしまっている人は血流を改善するために頭皮マッサージ等を行うのがおすすめです。

AGAとは何かご存知ですか?AGAとは男性型脱毛症のことで男性に現れる頭髪が薄くなってしまう症状のことです。

薄毛や脱毛といったものは昔から男性のテーマだったようで世間には数多くの養毛剤や育毛剤が氾濫しています。

最近ようやく医療機関で治療を受けられるようになりましたが医療費は保険が使えないため自己負担診療なのです。

されど、医師が診察してAGA専用の治療薬を処方してくれることで市販薬よりも薄毛の症状が改善する確率は大幅にアップしました。

ただし、AGA治療とは対処療法ですから、治療を中止してしまうと元の薄毛状態に戻ってしまいます。

AGA治療のコマーシャルに起用された最初の芸能人といえば爆笑問題のお二人でしたよね。

爆笑問題の二人がコマーシャル中に歌っていた「お医者さんに相談だ~」という歌は毛髪の悩みという暗いイメージを吹き飛ばしてくれました。

AGAのイメージが改善されたおかげでAGA治療も一般的になりAGA治療をしていると公言している芸能人の方も多くいらっしゃいます。

俳優さんや歌手の方も育毛剤のCMに起用されることも増え、AGA治療に踏み出すハードルはかなり低くなりました。

最近ではフサフサな人がコマーシャルに起用されているので若干の違和感は否めませんが薄毛の人が起用されると、返ってリアルで悲壮感が漂うのかもしれませんね。

AGA治療で使われるフィナステリドやプロペシアといったものには初期脱毛という副作用を起こすことがあります。

せっかく髪の毛が生え始めたのに毛が抜けるというのは薬が体質に合っていないのではないかと心配になってしまいますね。

しかし、初期脱毛が発症したということは効いている証拠ですので心配しなくても大丈夫です。

初期脱毛で抜けていく毛は薄毛の病気にかかっている不健康な髪の毛なのでそれらが抜けた後、健康な髪の毛が生えてくるようになります。

初期脱毛を発症する期間は治療を開始してから1、2ヶ月期間とされておりミノキシジルを使用した場合でも弱く細い毛が抜けるといった副作用があります。

AGA治療は保険が適用されませんので費用は100%自己負担になります。

AGA治療が開始された当時の治療薬は万有製薬のプロペシアしかなく1ヶ月で1万円近くの費用がかかってしまうことも珍しくありませんでした。

参考:AGA予知できる?【薄毛の原因は遺伝子検査で判るの?!】

保険が適用されない医薬品は市販されている市販薬と同じ扱いなので価格は販売店に任されています。

ですから、処方してもらう薬品でも価格差があり店によっては数千円の価格差があったのです。

また、診察を受けなければ処方箋を出してもらえないため再診料や診察料もかかることも忘れないで下さい。

AGA治療は保険適用がない自由診療なので治療費は全て自己負担になります。

プロペシアは医薬品なので医師の処方箋が必要なため診察料は1回、3000円ほどかかることになります。

その上、プロペシアが1錠250円(万有製薬公式価格)ですから薬だけで1ヶ月7 500円かかりますので、合計で1ヶ月1万円以上の費用がかかります。

市販薬にも配合されているミノキシジルは処方箋が無くても買う事ができます。

ミノキシジルを5%配合している市販の育毛剤にはリアップX5がありますがプロペシアと同額の7 000円以上の費用がかかります。

インターネットでAGAについて検索してみると画像付きで経過報告をしているブログなどを見つけることができます。

ほとんどの場合、治療開始から3ヶ月程度で効果が表れてくるみたいで定期的に写真を上げてくれているため成果がよくわかります。

中にはうさんくさいサイトもありますが経過のほかにも、費用や使用している薬なども紹介してくれるサイトがあるのでとても参考になります。

AGA治療を開始すると、初期脱毛などが起きたりするので体験談が記載されていると、これから自分の身に降りかかるかもしれないことなので心強いですね。

AGAに関するサイトは、閲覧者数が多いようでそれだけ薄毛に悩んでいる男性が多いのでしょう。

AGA治療に真剣に取り組むのであれば日々の生活習慣にも気を付けなければいけません。

ファストフードやコンビニ弁当ばかりでは栄養が偏ってしまったり、塩分量が多く血行不良の原因にもなります。

日頃から髪の素になるビタミンやタンパク質をしっかり撮ることを心がけ亜鉛もしっかり摂ることで抜け毛や白髪の予防をしていくことが大切です。

ビタミンは緑黄色野菜などに多く含まれ、タンパク質はタマゴや乳製品、亜鉛はレバーに多く含まれています。

また、緑茶に含まれるカテキンは血圧の上昇を抑制してくれるほかリラックスさせてくれる効果もあるのでストレスに悩まされている方にオススメです。

AGAというものはDHTという男性ホルモンの影響することで髪の毛の成長期が短縮されることにより発症します。

AGAを発症すると髪の毛が十分に発達する前に脱毛が始まってしまうので髪質が細くなってしまったり短い毛ばかりが残ってしまうので薄毛が目立つのです。

AGA治療はプロペシアという薬を使いDHTの生成を抑止することで薄毛を治療していきます。

プロペシアのほかにはミノキシジルという外用薬で頭皮の血行を促す治療法もあります。

両方の治療方法を併用することも可能ですが健康保険適用外なので治療費が結構がかかってしまうのが難点です。

AGA治療のガイドラインで認められているプロペシアにはAGA治療に効果があるとされる数少ない薬です。

しかし、どんな薬にも副作用があるのでプロペシアを使う前にどのような副作用があるのかを知っておくことが大切です。

プロペシアの副作用で深刻度が高いものといえば肝機能障害ですが障害の有無は血液検査でチェックできますから使用前後の変化を調べることが大切です。

また、プロペシアは本来前立腺がんの治療薬ですから前立腺がんの数値に変動が生じることもあります。

この他にも長期間の服用で男性でも乳癌を発症したりアレルギーやうつの発症なども危惧されています。

AGA治療を考えているけど何科を受診すれば良いのか分からないという人もいると思います。

AGA治療は基本は投薬治療ですから内科か皮膚科であればプロペシアを処方してもらえるでしょう。

しかし、病院によってはプロペシアの処方を行っていないところもあるので受診の前に電話などで確認しておきましょう。

又、一般病院のお医者さんはAGA治療が専門に行っているわけではありませんのでAGA専門のクリニックを受診した方が確実なのは間違いありません。

中には、効果が高まるよう独自調合しているクリニックやメソセラピー治療を受けられるといったクリニックもありますので専門クリニックの受診をお勧めします。

AGA治療をできるだけ安くしたいのなら育毛剤を購入するのがお勧めです。

ミノキシジルが配合された塗り薬なら薬剤師がいるドラッグストアなら処方箋なしで買う事ができます。

内服用ミノキシジルも個人輸入なら入手が可能ですが安全面での保証がありませんのでやめたほうが賢明です。

頭皮の血行促進がミノキシジルの育毛効果なので保険が使える医薬品で同様の効果があれば代用する事も可能です。

日常生活を規則正しく送り刺激物や香辛料を控えることもAGA治療には有効です。