住宅ローン借り換え手順で審査って?クレジットやキャッシング関係ある?

住宅ローンの審査は、個人の年齢や勤務形態、勤続年数、年収といった情報とクレジットやシャッシングなどの借り入れ状況も審査項目に入っています。
勤務先や勤続年数、年収に問題が無いにもかかわらず審査に通らなかった人は、落ちた理由は個人信用情報に問題があるのかもしれません。
まず、クレジットや分割払いに滞納や遅延が無いことは重要条件です。
小さい金額でも遅延が何回か有ると不利になります。
また、カードローンはいけません。
キャッシングのカードがあるということは、お金を借りることを常習していると判断されます。
財布に現金があるのに他人からお金を借りる人はいないですから、カードローン利用者は「日常的にお金が無い人」と判断され、審査には不利になります。
住宅ローン借り換え手順!銀行申し込みは?【手続き難しい?】