おまとめローンの仕組みとは?誰でもおまとめしやすいの?

おまとめローンを利用すれば利息を現状より減らすことができると言われている理由があるのですが、これは、低い与信枠のカードローンを複数借入れしているためです。

しかし、おまとめローンを組むことで本当に利息が減るのかどうかは事前にきちんと金利の計算をして確認しておくことが大切です。

おまとめローンのサービスがある金融機関では自社のホームページで返済シミュレーションを行えるコーナーを設置しています。

現在、借入している金融機関の金利や借入額を入力するだけでおまとめローンにした後の毎月の金利や返済額が即座に表示されるので簡単に比較できます。

消費者金融のおまとめローンよりも銀行の方が金利差が大きいので銀行のおまとめローンを検討している人は返済シミュレーションで正確な金利計算をすることが大切です。

複数の金融業者からお金を借りていると引き落とし日がバラバラなので、管理するのも一苦労ですね。

あちこちから借入れしている人は借りられる金額が低いために複数の業者から借り入れることになったのでしょう。

借入限度額が高い人ほど金利が低くなりますから借入先は1社にまとめたほうが有利になります。

しかし、多重債務者は金融機関では歓迎されないので全ての借金を完済できる金額を借り入れるのにはハードルが高すぎます。

でも、おまとめローンなら多重債務者が有利になるための借り換え商品なので取りあえず、申し込むことをおすすめします。

おまとめローンというものは頻繁に利用するローンというわけではありませんから利用に際しほとんどの方が、わからないことだらけだと思います。

手続きの方法や必要な書類を知りたい場合は、各金融機関のホームページに掲載されている「よくある質問コーナー」に回答があります。

借金がいくらになったら、おまとめローンを考えたほうがよいかといった一般的な質問についてはネットで「おまとめローン よくある質問」と検索してみると良いでしょう。

情報サイトには消費者金融と銀行のおまとめローンのメリット・デメリットもわかりやすく記載されていますし金利やサービス内容の比較等もあるため、金融機関のHPでは得られない情報が満載です。

審査に通るコツや落ちる人の傾向など、初めてローンを組む人には大変有益な情報も多いのでおまとめローンを利用するなら、必ずチェックしておきましょう。

おまとめローンを利用することで月々の返済額を少なくしたり引き落とし日を集約できるメリットがあります。

おまとめローンもキャッシングローンなので審査がありますが多重債務者が対象なので、通常のカードローンよりも審査が厳しく貸付金利が高いことが多いです。

銀行と消費者金融のおまとめローンの金利を数値で比較しますと銀行カードローンは1.7から12.5%(じぶん銀行借り換えコース)ですが、消費者金融は6.3%から17.8%(プロミスおまとめローン)となっています。

おまとめローンをどちらの金融業者から借り入れるにしても毎月の返済金額を下げるという事は返済期間が長くなるということです。

返済期間が長くなるということは支払う利息も多くなるので返ってトータルの返済金額は大きくなってしまいます。

おまとめローンの手続きを順序良くに進めるために必要な書類や手続きの方法についてご紹介します。

必ず必要となる書類としては本人確認書類があり通常は運転免許証やマイナンバーカード等写真入の書類が必要になります。

今の借入残高を証明する書類の有無は、おまとめしてくれる金融機関によって異なりますが消費者金融でおまとめローンを組む際には総量規制の例外貸付を適用する事になりますから必要です。

収入証明書はおまとめローンを組む金融機関によって異なりますが消費者金融の場合50万円以上、銀行の場合100万円以上のローンから必要となることがあります。

収入証明書は源泉徴収票等が該当します。

特殊な書類ですのでおまとめローンを検討している方は、早めに用意する手続きをとっておくことをおすすめします。

派遣社員のおまとめローンは多重債務者の負担を軽減する商品ですが利用件数が多すぎると審査に通らないことがあります。

借入件数が5社になるとほとんどアウトですが審査に通らないと思われる人の救済策を考えてみましょう。

まず、行うべきことは今までの返済状況の確認と金融業者と借入残高の確認です。

1件でも返済が完了すれば審査は通りやすくなりますから利用限度枠を計算して完済できるローンを洗い出しましょう。

借入件数が多い人でも遅延や滞納などのトラブルがなければ返済能力があると判断されて審査を通過するケースも多いです。

おまとめローンというものは多重債務の方が借入先を整理するために新規の借入先を見つけてこれまでの借金を返済するためのローンです。

一方で、借り換えローンというローンはこれまで借りていた金利よりも低金利のローンから借り入れてこれまでの借入金を一括返済して新しいローンで返済していくということになります。

おまとめローンと借り換えローンは金融上の定義づけは異なりますが、厳密に区別されることはないようで借り換えローンという名前でおまとめローンを提供している金融機関もあります。

一般的に消費者金融は金利が高いというデメリットがあり、銀行は審査が厳しいことがデメリットとされていますがどちらのおまとめローン・借り換えローンがお得かは目的によって変わるでしょう。

消費者金融のおまとめローン、借り換えローンは追加融資ができないのに対し銀行はフリーローンが多く、通常のカードローンと同様に限度枠内なら何度でも借入や返済が可能なのです。

「君たちやっぱり・・」のCMでお馴染みのプロミスにはおまとめローン専用のプロミスおまとめローンというキャッシングローンがあります。

消費者金融のローンですが、一般のカードローンと違う点は、総量規制の例外貸付が適用される点や返済専用のカードローンなので追加の借入れができないことです。

実質年利は6.3から17.8%なので高めの金利ですが、即日審査、最短即日融資は銀行のおまとめローンではなかなか真似ができません。

銀行のおまとめローンよりも限度額が低めに設定されていますが申込資格は20歳から65歳以下で安定継続した収入がある人だけなので勤務形態の規制はありません。

現在の借入先に返済の振り込みをしてくれるだけでなく返済についての振込手数料や代行手数料、繰り上げ返済手数料などはかからないメリットもあります。

銀行にはおまとめローンという商品は意外と少なく借り換えローンやフリーローンという商品のほうが一般的です。

銀行は総量規制という上限がないので銀行の与信枠内なら追加融資が可能なローンが多いのですが消費者金融のおまとめローンというものは、総量規制の特例貸付が適用されますので返済専用のローンになります。

参考:おまとめローン仕組みは?総量規制対象?【消費者金融はどう?】

銀行のフリーローンであれば事業用資金以外は使い途は自由となっているのですが消費者金融の派遣社員のおまとめローンは貸金業の返済だけに限定されています。

銀行のおまとめは消費者金融と比べた場合、低金利で高額融資なのですが消費者金融の場合、最大金利が18.0%、最大融資額は300万円となり銀行よりも条件は悪いです。

ですが、消費者金融のおまとめローンならば比較的審査に通りやすいですし審査結果や融資までの時間が圧倒的に早いというメリットもあります。

おまとめローンの手続きで一番簡単な方法はweb完結というインターネットを使った手続きです。

自宅からなら気兼ねなく申し込みができますし、24時間受付けているので、忙しい人でも余裕を持って申し込むことができます。

web申し込みとweb完結は違うために注意が必要ですがweb完結なら必要書類を撮影しネットで送信すれば完了です。

web申込みは申し込み手続きだけをインターネットで行って必要書類を郵送してもらって記入後返送するローンもあります。

web完結なら曜日や時間に関係なく手続きができるだけでなく即日融資に対応している業者も多くあります。

住宅ローンを借り入れる際にカードローンを利用していると不利になるという話を聞きますが返済負担率に問題が無ければ、必ずしも不利になるとは限らないという意見もあります。

そうはいっても、お金に困っているからカードローンを利用しているのは明白ですから出来る限り、カードローンは住宅ローンの審査までに解約しておきましょう。

複数から借り入れている多重債務者の場合はおまとめローンを利用して借金を1本化することが最優先です。

又、おまとめローンを利用している金融機関で、追加で住宅ローンの融資を受けるのは審査が通らないだろうと考える人もいると思いますがすでに取引がある金融機関で滞納なく返済していればプラス評価になります。

更に住宅ローンの利用者には優遇金利が適用になったりもしますので優良顧客という自信がある人は、同じ金融機関で住宅ローン審査を受けたほうがお得になることがありますよ!「はじめてのアコム」でお馴染みのアコムにはおまとめローンに利用できる借換え専用ローンがあります。

消費者金融カードローンは年収の1/3を超える融資はできませんがおまとめや借り換えは総量規制の例外貸付が適用されるので対象外となります。

総量規制が適用されない例外貸付とは借り換えを含めた総額で年収の1/3を超えてもローンが認められるというものです。

アコムの借換え専用ローンは融資の最高額が300万円ですが、一般向けカードローンよりも最低金利は高くなっています。

借り入れた資金の使い道は貸金業者への返済に限られておりショッピングローンの返済には使う事ができません。

おまとめローンに申し込んでみたところ審査に落ちたという人には何らかの原因があります。

その原因が明らかにならない限り、次の派遣の場合おまとめローン審査を受けても落ちてしまう可能性は否めません。

審査の項目には年収、勤務先、勤続年数といった項目があり、これらの条件に照らし合わせて問題が無ければ審査を通過することができます。

年収は当然多い方が有利になりますが、審査において肝心なことは借入総額とのバランスで常識的な範囲に収まっていれば返済可能と判断されるようです。

勤務先や勤続年数については公務員や大企業の社員で勤続年数が長いほど評価が高く個人事業主の方や入社1年未満という方は評価は低いです。

個人信用情報は借り入れや返済状況を照会して審査される項目で過去に自己破産や返済の遅延、滞納があった人、5社以上から借り入れがある人は、厳しく審査されることになります。

おまとめローンとはいくつもの金融業者から借り入れをしている人が別の金融機関から新規に借り入れをして、既存のローンを完済するためのローンです。

複数の金融業者からお金を借りれいると返済日が何度もあるので残高の管理が困難です。

金利面でも低い与信枠のほうが利率が高くて不利なので複数の借入れを1本化した方が利率を下げられるかもしれません。

でも、おまとめローンを利用したい人は多重債務者ですから審査が不利になったり、厳しくなる事があります。

おまとめローンという商品を提供している金融業者もありますのでそのような業者を積極的に狙った方が良いでしょう。

おまとめローンとは複数の借金を1つにまとめることで毎月の返済額や利息の負担を軽くできるというメリットがあります。

しかし、利息や返済金額を抑えることができても間違った返済方法を選択してしまうと、更に状況が悪化することになります。

おまとめローンにしても元本は変わらないので毎月の返済額を今より低く設定すると返済期間が長くなります。

返済期間が延びれば延びるほど支払う利息も比例して増えていきますので返済総額は、おまとめ以前より増加してしまうことは避けられません。

又、消費者金融の派遣社員のおまとめローンは追加融資を受けることはできませんが銀行の派遣社員のおまとめローンはフリーローンが多いので、追加融資が受けられることから借入額が増えるリスクもはらんでいます。