どうして住宅ローン審査では延滞履歴を無くすべきなの?

よくローンの審査落ちた理由として取り上げられるのが「延滞」です。
ただ中には「どうして延滞がローンを組む際のマイナス要素となるのか?」と疑問に思う方もいるかもしれません。
延滞には故意的なものとそうでないものの2種類があります。
故意的な延滞は借入した人間としてやってはいけない事ですが、入院や不幸といったどうにもならないケースは仕方のない事です。
そこで大事となるのが「ちゃんと返済できたか?」という点です。
返済をしていたら一回の延滞はそこまでマイナス要素となりませんが、小さな延滞でも回数を重ねるとローン会社にはあまり良い印象を持たれません。
特に住宅ローンのような大きなローンの場合、信用問題となるので一回の延滞でも融資してもらえない事が起こるわけです。
ローンを組む際になるべく延滞が無い方が良いと言われるのは、こうした理由からです。
イオン銀行の住宅ローンの審査は通りやすい?