消費者金融規制が緩和されると

現在自民党で検討されている消費者金融の規制緩和が実現されると、果たして消費者金融から借り入れやしやすくなるのでしょうか。総量規制が撤廃されることはいいのですが、上限金利も29.2%とずいぶんアップしています。総量規制撤廃の変わりに金利も上がるようでは意味がありません。しかし、この点は心配無用でしょう。現在銀行が企画しているカードローンは、契約者の信用に応じた融資枠が設定されており、年収の3分の1以上の融資がされています。おそらく、優良顧客であれば銀行のカードローンと同様の有利な貸付がされるでしょう。しかし、信用の低い顧客に対しては、融資限度額は従前どおりで金利だけ29.2%ということになりかねず、貸付条件は不利になるでしょう。